「フィレンツェ生活」メルカートの野菜から

折角見つかったレストランでの仕事も一週間でクビ!

が、
がっかりとしている場合じゃない。
もうイタリアに来て3か月近くがたとうとしていた。
予定は6か月の滞在だ、もう半分も過ぎてるじゃないか。

働き場所が見つからず不安と焦りが入り混じった日を過ごす。
所持金は減るばかり……

毎日学校と下宿の往復だが、
自炊してるので買い物のため毎日メルカートに行くのは楽しみだった。

メルカートとは露天の青空市場のこと。

午前中一杯はメルカートに八百屋を中心に食料品店が所狭しと並ぶのだ。
学校が終わるとすぐにメルカートに行くのが日課だった。

赤や黄色や緑、といった原色の野菜やフルーツは
勉強で疲弊した心も生き返させてくれた。

そしてその新鮮な野菜がどれも安い安い。

トマト1kgで¥200とか。

オリーブオイルを適当に買ってイタリア料理風のものを作って食べていた。
買った野菜や果物はどれもおいしい。

シンプル料理でも野菜の味が濃く、日本では味わえない味、

というのがすぐわかった。

私は野菜や果物を買うとき

いつも入ってる木の箱(ダンボールに入ってることはない。全部木製)をみてどこからきたのか?、もし書いてないときは八百屋の親父に聞いていた。

聞いてみるとそれらは大体が南部からきてるではないか!

おいしいトマトはカンパーニャ州やシシリー島から、
果物はプーリア州やシシリー島。

南部か~
南イタリアっておいしいものが一杯ありそうだなと

その時から南!ってどんなところだろう~と思うようになる。

一度ツアーで南イタリア15日間周遊、ってので旅したことがあったが
とても素朴な土地、時間の流れがゆったりしているのが印象的であった。

が、
食べ物がいけなかった。

ツアー、パック旅行の食事はどれもこれもおいしくなかったなぁ~
ツアーの年配のおばさんは体調を崩す人もいた。

イタリアなのになんで食べ物がおいしくないの?
とその時絶対おかしいと、強く思った。

そして、こうしてメルカートで買う野菜は南イタリア産、
こんなおいしい素材が作られる土地の料理がまずいわけ絶対無い!

とイタリアに住んでみて確信した。

南部にこそおいしいものがあるに違いない!

もしかして私が今いる場所はここではなく、南イタリアなのでは?

そういう思いが沸々と湧き上がってくる。

どうにかして南イタリアに行くしかないな、と思ったら最後、

そればっかり考えるようになる。
どうやったら、どこに、行けばいいのか。

そしてついに南に行く決心をするのである。

フィレンツに住み始めて3か月が丁度すぎた頃のことである。