商品のご案内

細部にまで行き届いた加工技術アサクラ人気EVOで漬け込んだアンチョヴィ

細部にまで行き届いた加工技術
アサクラ人気EVOで漬け込んだアンチョヴィ


EVOオルチョ
アンチョヴィフィレ

230g

生産者 ジーナ・ジュゼッペ
産地 イタリア
カンパーニア州サレルノ
風味/味の特徴 全ての工程で熱処理されずカタクチイワシが新鮮な状態で保たれている
鮮度は身の柔らかさでわかり、塩分もほどよく刺身のようは味わい
贅沢にエキストラバージンで漬けこんでいるため味わいと風味がよい

お料理
アドバイス
そのまま生でパンやごはん、サラダやパスタとあわせたり、また切り刻む大きさにより口に入る塩分が旨味になる
オイルとアンチョビだけで加熱すると溶けるのでパッサータ(トマトピュレ)を加えトマトアンチョヴィソース、また生クリームと合わせてアンチョヴィクリームソースにしても美味しい
原材料の由来と製法 地中海沿岸のカタクチイワシを鮮度のいい状態で処理しすべて手作業
鮮度を保ちながらオイル漬けまで仕上げる
EVO(エキストラバージンオリーブオイル)オルチョサンニータを贅沢に使用


Episode

2014年のイタリアお客様ツアーにてオルチョサンニータの生産者を訪問した際、オルチョで作ったアンチョヴィがあったらいいという参加者だった販売店さんの希望からアンチョヴィプロジェクトが開始
オルチョ産地に近いアマルフィ海岸のアンチョヴィ加工所を見つけオリジナルアンチョヴィを依頼
年に一度だけ入荷する限定アイテムとして定着
アサクラのオーダーメイド商品


Name

オルチョはアサクラオリーブシリーズのEVOの名前、カタクチイワシ(アンチョビ)の三枚おろし部分フィレのみ漬け込んだので“オルチョ・アンチョヴィフィレ”と命名


Landscape

リアス式海岸の美しい風光明媚な世界遺産登録もされているアマルフィ海岸沿いにアンチョヴィ加工所がある
年々漁獲量が減り今では地中海沿岸全域に漁場を広げ常に原料の鮮度・品質にこだわる
また、温暖な気候がアンチョヴィづくりにふさわしい条件をそろえ高品質のアンチョヴィ加工製品の生産と
それにまつわる独特の料理がほかの海沿いで出会う料理とは違う独特の料理が味わえる地域でもある


Producer

1949年創業時は新鮮な近海のカタクチイワシの加工から始まり現在ではアンチョヴィにまつわるたくさんの加工品を製造している
ジーナさんは三代目、昔ながらの製法を守りながら古代調味料魚醤を復活させるなど新しい感覚をもつ女性
日本仕様のアサクラオリジナルアンチョヴィの改良にも柔軟に対応
日本のお客様によりよく提供できるよう協力を惜しまない頼もしい生産者


Process of Product

●水揚げ後すぐにカタクチイワシの頭と内臓を取り除く
●塩漬けする(熟成期間)
●熟成度を見分け塩を洗い流す
●手開きにてフィレ状にする
●手作業で瓶詰めしオルチョサンニータを充填


商品レビューも是非ご覧ください→

 

Page Top