2018.10.04
【ご一読下さい】オルチョの澱について
2018.10.03
10月号通信を公開しました!
2018.09.27
『ヨガジャーナル日本版』にオルチョをご紹介頂きました。
2018.09.14
2018.09.06
9月号通信を公開しました!
2018.08.28
サラマス倶楽部AIZU 始動!! スタッフブログ更新!
2018.08.23
オイルのテイスティングに挑戦? スタッフブログ更新!
2018.08.16
オルチョなどオリーブオイルの瓶はリサイクルゴミへ朝倉ブログ オルチョの部屋更新!
2018.08.09
オルチョの瓶底に沈む澱について朝倉ブログ オルチョの部屋更新!
2018.08.07
8月号通信を公開しました!
■オリーブオイルの本物のおいしさ、あなたはご存知ですか?■
オリーブオイルはイタリアをはじめ地中海沿岸を主に星の数ほど存在します。
イタリアでさえ何種類のオリーブオイルがあるのか?
オリーブ果実の品種でさえイタリア内だけでも700種は有るといわれています。
さすが~6000年の栽培の歴史があるだけありますよね。
私がはじめてオリーブオイルを口にしたのは…19歳の時だった
地元のイタリア料理屋(当時珍しかった)でバイトしていた時だ。賄いでシェフが色々つくってくれたっけ。その時、『私オリーブオイルは駄目だな…』と思ったのを今でも覚えている
しかしその後10数年後イタリアに行き初めて農家の搾りたてのエキストラバージンを食べた時!それも今でも忘れられない…
そしてその農家のシニョーラが作る料理のおいしさといったら!
イタリア料理屋で今では色々食べられますが、あのような料理ではないのですよ~イタリア人たちが食べている家庭料理というのは。私がイタリアで体験した感動は決して私一人が感じた特別な事ではないはず。
多くの日本の人々が感じえる共通の感動であるはずだと強く思いました。
一人でも多くの人々にその感動をお伝えするのが私の仕事であるといつもいつも思っています。


オリーブの実
■6000年とも8000年とも言われるオリーブ栽培の歴史。

西アジアから地中海に広がり現在はカリフォルニア・南アメリカ大陸、オセアニアにも広がる。日本では明治時代より栽培が始まっている。長い年月をかけて日本へやってきた。乳製品・バターがこのように日本に定着したようにオリーブオイルも確実に広がっていくでしょう。健康やおいしさの面からもバター以上の食用油脂・調味料として、当たり前の食材となる日はそう遠くないはずです。

メルカート(野外市場)の様子
■南イタリアの食文化はメルカートから

写真はメルカート(野外市場)の様子。欲しいものを1個・100gから買える。しかも朝穫りの新鮮なものが安く手に入るのも魅力。肉や魚も買えるので南イタリアのお母さんたちは頻繁にメルカートを利用し手作りの料理を家族に食べさせる事を生きがいにしている。プラスチックトレーや過剰包装も無く環境にも優しいのもメルカートのいいところ。

にっぽんの食材
■にっぽんの食材!

日本にもうまい素材がある!うまい素材の条件とは?それは地元で作られた新鮮な野菜であったりとれたての魚介だったり。こだわりの畜産物だったり…ちょっと目を向けてみるとあるんですね~まずは地元でとれた新鮮野菜を上手に調理して食卓を豊にしていこう!野菜や米など作っている地元農家の人々を応援しよう!