「旅の始まり」 イタリアに到着

ローマ中央駅。

 
空港に降り立った私。かなり緊張していたと思う。

30kgもあるスーツケース1個。
かなりでかいバックパック1個。

それにウエストポーチをした私は
全神経をこの荷物、そして
大事なパスポートと財布に集中し
飛行場内にある空港駅まで自力で目的地・フィレンツェまで行かなければならない。(当たり前だ)

空港の看板、

イタリア語と英語の標識を見ながらやっとのことで
国鉄乗り場にたどり着くと

切符売り場で長蛇の列を見、がっくり。

長い長い列で待ちながらも切符の買い方を復習。

ドキドキ!はちきれんばかり!

やっと回ってきた順番、フィレンツェまでの切符を買わなければならない。
(ひゃ~順番が来てしまった!どーしよーー)

駅員のイタリア語が聞き取れるだろうか?

なんてったってここまで来るのに
ネイティブイタリア語は聞いたことが無いんだから(涙)

私)Vorrei andare a Firenze(フィレンツェまで)

駅員)○×●■□$&#$

私)????

なに言ってるかさっぱりわからん。
すると駅員は親指を立てた。

私)????1・いち??

  そうそう、一人一人私一人 Una!(ウーナ!)

と答えて駅員はやれやれっというジェチヤ-をしながらも
切符をやっと手配してくれた。

金額は電光掲示板に出たからわかった(やった!切符が買えた!)

空港からローマ中央駅を経由してそこから
ユーロスターに乗り換えていざフィレンツェへ!

ローマ中央駅は泥棒の巣とガイドブック地球の歩き方に書いてある。
一番の難関だ。

空港駅から泥棒の巣・中央駅について緊張はピークに。

30kgのスーツケースを転がしながらあの大きなバックパック。
(よく背負ってたものだ)

やっとユーロスターに乗り終えてほっと一息。

フィレンツェまでは特急で約2時間。
飛行機で13時間以上もかかって着いたがまだまだ気が抜けない。
電車に乗ると直ぐ異常に気づく。

到着駅の放送が聞き取れない。

しかも一回しか言わない。
日本のように親切丁寧な「次の駅は○○~お忘れ物のないように」などと
いっている形跡がない。

焦るワタクシ。