シチリアの人

目的地シチリア島の南のはずれ

シャッカという名の街の中心部にようやくついた。

バス停そばで迎えを待っていると

すぐ農家民宿の夫婦が現れた。

日本人は珍しいんだろう。

「すぐわかったわ」と

奥さんのアンジェラ。

夫のエンツォともども、2人とも独特な顔つきだ。

肌の色が茶褐色。

目の色もイタリア本島の人とまったく違う。

茶色の目に茶褐色の肌。

アラブ系なのかとぼんやりと思いながら

しかし人懐っこいアンジェラが車に乗ると

私に矢継ぎ早に質問する。

アンジェラ「これから田舎の家に行くからね、そこがあなたの滞在場所よ」

田舎の家?

よく聞いてみると

シャッカの街中に本宅があり

そこで息子と三人で暮らしているそうで

民宿と本宅を毎日行き来しているそうだ。

私「ふ~ん」

 「待てよ?」

 「ってことは?」

 「まさか、夜は私だけその民宿に取り残される?」

と嫌な予感が頭をよぎる。

今はバカンスシーズンも終わり、

お客さんなんて来るのか?

しかし、ここはシチリアだし!

まだこんなに暖かいし(暑いし)

と勝手に頭であれこれ思いを巡らしていると

車は街から郊外へと車からの眺めがガラッと変わる。

シチリアは一度来たことがあったが、

深青の海、アーモンドの花、遺跡、のイメージ位だったろうか。

日本でいう沖縄、のような南国の小さな島のイメージでいた私だが

今回シチリア島はものすごく広い

ということがわかった。

北海道って行ったことないけど、

たぶんこんなんだろうって。

私の中の北海道のイメージだ!

見渡す限りゆるい丘陵地帯、畑、畑、畑、広大な畑!

何が植えられているかはわからないが

とにかく畑がずっと続く。山がなく地平線が見える!

どでかいシチリアは本土にはない雄大さと険しさがある。

こんなイタリアもあったのかと

驚きならが景色に見入ってると

だんだん周りはオリーブ畑ばかりが続く道を車は走る。

待ち合わせのバス停から約30~40分はたっただろうか

田舎の彼らの別宅である農家民宿に着いた。

オリーブ畑に囲まれたこじんまりした建物は

普通の家のように見えた。