Topページ > アサクラブログ > フィナーレ~エピローグ
□ オルチョ・サンニータ 10周年を迎えて □
10周年プロローグ
ジョバンナ挨拶
ご愛用者挨拶
もちより料理 入賞者のレシピ
もちより料理 東京会場(1)
もちより料理 東京会場(2)
もちより料理 東京会場(3)
もちより料理 東京会場(4)
東京会場 第二部
おみやげ、スナップ写真
名古屋会場/スライド
もちより料理 会津会場
ジョバンナとサルバトーレへの質問
みなさまからのメッセージ
フィナーレ~エピローグ


◇フィナーレ~エピローグ

アサクラ さて、フィナーレとしまして、みなさまでとった集合写真などをご紹介したいと思います。会津会場は全員の写真を撮っていないのが心残り。でも、それぞれのグループでたくさんの思い出写真が残りました。見ると、ありがたくて胸が熱くなります。

こちらは東京会場第一部の集合写真です。とてもいい天気に恵まれ会場前の枝垂桜にちらほら花が。 10周年感謝祭として絶好のコンディションでした!

さかな この写真も紹介しなくては! オルチョもちより料理、入賞者の方々です。レシピの説明をみなさまにしてくださっているんですね。うしろでジョバンナさんと朝倉さんも耳をすませています。

アサクラ J-NAOSのメンバー写真もありますねー

さかな アリコヴェールの方がすてきなお仲間と一緒に来られました。ピアノ演奏、すてきでした。みなさん聞き惚れてましたね。2009年「レコード大賞作曲賞」を受賞しましたKoukoさんです。対象曲はJUJUが歌う『明日が来るなら』。みなさんご存じの映画『余命一カ月の花嫁』の主題歌にもなった曲で、作曲活動はcoucoの名前で行われているそうです。作曲家みずからのピアノ演奏でした。

アサクラ すごい~! ありがとうございます~~

さかな そしてこちらが東京会場第二部のみなさまによる集合写真。

アサクラ 最後は東京会場スタッフのみなさんです。当日、頭が飽和状態の私をフォローしてくださり、すばらしい会になりました。みんな、ありがとう!!



—– エピローグ —–

~10周年を終えて~

 やっと昨年の10周年の模様を皆様に発表することが出来ました。
結局一年後になってしまいましたがこうやって発表でき最後まで到達したこと喜びと感激を持って迎えることが出来ました。

画像を見て改めてあの時の感激が今に蘇り、来て頂いたみなさま、そして残念ながら会場には来れなかったこれまで応援くださった方々、そして会津会場~東京会場、名古屋と会場のスタッフとして働いてくれたみなさま(みなオルチョご愛用者です)
そして遥々イタリアから駆けつけたジョバンナ夫妻に深く深く御礼、感謝を申し上げます!
持ち寄りのお料理もみなさん奮闘してくださいました。
どれもこれも美味しそうで皆さんの中にオルチョが深く入り込んでいるのがよくわかります。
イタリアで育ったたくましいオリーブの木のエキス、これが10000kmを超えて日本の生活の中に入り込んでいます。

私は22歳で食の世界に関わり今もこうしてオリーブオイルを通して食に関わり続けています。
始めはオリーブオイル屋として一人でも多くの人々に本物のオリーブオイルを知っていただきたい、
もちろん賞味期限がついた食品ですので
期限までには売らねばならぬという気持ちも、もちろんあり必死で歩いていたように思います。
ある時から、私は食の重要性をはっきりと知り、 これを伝えなければならない、とオリーブオイル販売、オリーブ使い方講習を通しご愛用者や講習参加者を通して感じていきました。
美味しいオリーブオイルは素材の味を引き出す。
日本人が思っている油の概念からはまったくちがう油を熟知したイタリア人から学ぶべきことはたくさんあり、 それは料理法から気がつかせてくれました。
素材有りき!
これ以上以下の言葉が今は見つからないほど料理の決め手は主役の野菜や穀物です。
オリーブオイルはその脇役であり、それぞれの美味しさを引き出す調味料。
余計なものを足すのではなく余計なものを引いていく引き算の料理を可能にするのがイタリア人の調理法です。

この手法をまだまだ知らない方々に広めること、
そして食の大事さはもちろん、素材がいかに大事か、それを最大限に生かす調理法、
私はこれからも歩き続けこのオリーブオイルを通して
一人でも食べることの大切さを知っていただく為に活動したいと思います。

これも体調を崩し一年ほとんど休み、再発見できたことであり
自分なりにこうなんだとわかったことです。
もちろん体調を一番に、そして自分の生活を中心に考え
自分自身の生活を楽しみながら!
基本は『自分が楽しむ』をモットーに
皆さんを巻き込んでいきたいとおもっています。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。
生産者と食べる人を繋ぐことがこんなに素晴らしいとは。
10周年を終え本当に実感しているところであり
私はそれを続けて行きたいと思います。

最後にこの10周年を最初から見守り時には私を叱咤激励、
WEB構成等を含め全てアレンジしてくれた林あゆ美さんに心からお礼と拍手を送りたいと思います。

みなさんに感謝を込めて

2011年2月早春の会津より

朝倉玲子



(前へ「みなさまからのメッセージ」)
(前へ「ジョバンナとサルバトーレへの質問」)
(前へ「もちより料理 会津会場」)
(前へ「名古屋講習会/スライド)」
(前へ「おみやげ、スナップ写真」)
(前へ「東京会場 第二部」)
(前へ「もちより料理 東京会場 (4)」)
(前へ「もちより料理 東京会場 (3)」)
(前へ「もちより料理 東京会場 (2)」)
(前へ「もちより料理 東京会場 (1)」)
(前へ「もちより料理 入賞者レシピ」)
(前へ「ご愛用者挨拶」)
(前へ「ジョバンナさんの挨拶」)
(10周年トップページへ「プロローグ」)

▲このページの上に