Topページ > アサクラブログ > もちより料理 東京会場(4)
□ オルチョ・サンニータ 10周年を迎えて □
10周年プロローグ
ジョバンナ挨拶
ご愛用者挨拶
もちより料理 入賞者のレシピ
もちより料理 東京会場(1)
もちより料理 東京会場(2)
もちより料理 東京会場(3)
もちより料理 東京会場(4)
東京会場 第二部
おみやげ、スナップ写真
名古屋会場/スライド
もちより料理 会津会場
ジョバンナとサルバトーレへの質問
みなさまからのメッセージ
フィナーレ~エピローグ


◇もちより料理 東京会場 (4)

アサクラ 東京会場のお料理紹介も今回が最終回です。

もちより料理でパーティをするという話をしたときに、スイーツが多くなるなど偏るかもよと言われたり、料理がたくさん残るのではと心配していただいたりもしたのですが、おかげさまで、和、イタリアン、パン、スイーツなどなどバラエティに富んだお料理のラインナップになりました。すばらしい! そしておいしい料理ばかりだったので、とにかくなくなるのが早かった。

本当に足をお運びくださったみなさまのおかげで第一部のパーティが成功しました。ありがとうございます! 私からの感謝の気持ちをお伝えする会だったのですが、またもみなさまには感謝、感謝の会でした。

ということでお料理紹介に戻ります。
こちらは、「おろしにんじんのポンデケージョ」(浅倉ユキさんレシピより)とあります。どなたがつくられのかな? ころんとした形もかわいく、おいしそうです。

・レシピ
生おから 100g
片栗粉  50g
白玉粉  50g
白味噌  大さじ2
オルチョ 大さじ1
白コショウ 少々
すりおろしにんじん  100g

 ①オーブンを180℃に余熱
 ②全ての材料を混ぜる
 ③丸めて天板に
 ④オーブンで20分焼く

アサクラ 饒平名さんも遠方からはるばる来てくださいいました。よくブログにコメントくださっていた方で、そのコメントからもオルチョをご愛用してくださっていることがいつもよくわかります。こちらは、神戸の住吉にある行列のできる山口とうふ店のゆばとうふ。ふつうは出汁醤油で食べるものらしいのですが、オルチョとお塩で食べるのが饒平名さんのお気に入りだそうです。もう一品は、いかなごのくぎ煮。「いかなごのくぎ煮は瀬戸内海の春の風物詩です。漁の解禁日を待って街のあちこちからいかなごを煮る甘辛いにおいが漂ってきます」とコメントをいただきました。

さかな 申し訳ございませんでした! 最初にアップしたお豆腐の写真、違うものをアップしていました。こちらです! 

アサクラ そして、これはジョバンナが大絶賛していたマドレーヌ。「Cura」さん作です!

さかな ほんと、私にも「このマドレーヌは絶品よ! メモしておいて!」と熱く語られていました。

では、2回目のまとめてのお料理写真です。前回と同様に、横はA,B,C 、縦は数字の1,2,3でエントリーナンバーとさせてください。 
それにしても、こうしてずらり並んだ料理は壮観!
そして、何度もお伝えしていますが、とにかく料理がどんどん食べてなくなるので、食べかけの写真があるのはどうぞご理解、ご寛容の程、よろしくお願いいたします。

アサクラ こうやって写真をみて私も思い出しました! C3は青森はふきのとう、佐藤さんの「お蚕クッキー」です。オルチョをたっぷり練り込んであるとのことで、風味がすごくよかった! そのお隣、B2は米粉料理研究家の陣田さんの蓮根ピッツァですね。

アサクラ さっそく連絡が入りました。「A2」のポップコーンはいまココの井出さんがオルチョでつくりました。オルチョポップコーン! 

さかな これもあっという間になくなっていったんですよね~。どのテーブルに置いてあったかわかるのですが、この写真にあるようなポップコーンの山がどんどん小さくなっているのを横目で見ていました。




(前へ「もちより料理 東京会場 (3)」)
(前へ「もちより料理 東京会場 (2)」)
(前へ「もちより料理 東京会場 (1)」)
(前へ「もちより料理 入賞者レシピ」
(前へ「ご愛用者挨拶」)
(前へ「ジョバンナさんの挨拶」)
(10周年トップページへ「プロローグ」)

(次へ「東京会場 第二部」)

▲このページの上に