Topページ > アサクラブログ > 10周年ご愛用者挨拶
□ オルチョ・サンニータ 10周年を迎えて □
10周年プロローグ
ジョバンナ挨拶
ご愛用者挨拶
もちより料理 入賞者のレシピ
もちより料理 東京会場(1)
もちより料理 東京会場(2)
もちより料理 東京会場(3)
もちより料理 東京会場(4)
東京会場 第二部
おみやげ、スナップ写真
名古屋会場/スライド
もちより料理 会津会場
ジョバンナとサルバトーレへの質問
みなさまからのメッセージ
フィナーレ~エピローグ



◇ご愛用者挨拶

アサクラ ジョバンナさんの挨拶の次は長年ご愛用、お引き立てくださった方に挨拶をお願いしました。ああ、この挨拶もうれしくて涙がでたなあ。

さかな 会津若松会場では、山口様からご挨拶をいただいたのですが、この方はそれこそオルチョ初期の頃からのお取り扱いしてくださったおひとりなんですよね。10周年パーティを思い起こすと、初期の頃からのお取扱店様の方々、みなさん同じような感慨をもたれるのか「リュック背負って営業に来た朝倉さんを今も思い出します」と言われてました。
山口様もその事にふれられて、「こんなに大きくなられて」と、成長を慈しむ親のような暖か目線で語られていたのがとても印象に残っています。

アサクラ 本当にお客様みなさんに感謝の気持ちしかありませんけれど、特にまだまったく無名の私、無名のオイルについて話を聞いてくださり、店に置いてくださった恩は忘れられません。
山口様の挨拶全文は残念ながら事前にはいただいてなかったので、ご紹介できないのですが、東京会場での挨拶はここでご紹介したいと思います。お取扱店様はすこやか広場の店長様に、お客様代表は(笑)、目の前にいる林さんです。まあ、このときは本当にお客様だったんだよね。

さかな そうです。ずっとオルチョファンです。

それでは、お取扱店様のすこやか広場店長、保田様のご挨拶です。赤ちゃんとご一緒だったんですよね。



すこやか広場店長様ご挨拶

はじめまして、ジョバンナさん、サルバトーレさん。

私は保田亜紀子と申します。朝倉さんが10年前にオルチョを販売し始めたときから我店で販売させていただいています。今日お二人にお会いできるのをとても楽しみにしていました、遠い日本に来ていただきありがとうございます!

はじめにお礼を申し上げます。おいしいオルチョサンニータを作ってくださってありがとうございます!

お客様におすすめして皆さんから「とってもマイルドでおいしいわ」「くせがなくて日本料理にもあうわ」「こだわった栽培・製造なので安心して食べれるわ」と喜ばれています。

お客様に説明するとき、はじめて我店に朝倉さんが来たときのことをよく思い出します。それは、オルチョは混ぜ物のない、生産者限定の一軒物のオリーブオイルだということで、そのことを強く説明されていました。

彼女が自分の足でイタリア中を回りオルチョサンニータを見つけてきたこと、ジョバンナさんらに出会ったこと。. 朝倉さんは、オルチョサンニータはとても高品質のオリーブでありしかも生産者の人柄と仕事に対するひたむきさに惚れ込んでしまったと。

そして日本の人々に本物のオリーブオイルをあじわってもらいたい! ということなど。 朝倉さんの情熱がお客様に届いてほしいと私も熱くおすすめしています。

初めてオルチョを味わったときはびっくりするくらいきれいな黄金色で香り抜群、マイルドですがとってもフレッシュな味に感激しました。 こんな素晴らしいオリーブオイル、オルチョに出会えて感謝しています。
これからもお客様におすすめし続けます!

素晴らしいオルチョを作り続けて下さいね!

いつかは私がイタリアに!お客様を連れて50人、100人と。そうなることを希望しています。

ありがとうございます、ジョバンナさん、サルバトーレさん

2010年4月18日
   保田亜紀子

▲このページの上へ



ジョバンナさん、サルバトーレさん、日本にようこそ!

オルチョは毎日のおいしいご飯作りに我が家には欠かせません。 イタリア料理はもちろんのこと、味噌汁に入れるネギを炒めたり夫や子供たちのお弁当に入れる玉子焼きをつくにも大活躍しています。

7年前ぐらいにオルチョを知り、その後オルチョ講習会にも参加しました。 それ以来オルチョ無しの生活は考えられなくなりました。.

朝倉さんの料理講習でたくさんのことを習いましたが、特に野菜だけをオルチョで炒めた時に味を引き出す力は素晴らしく、オルチョでしかできないものがあります。丁寧に愛情を込めてつくられているからこそオリーブオイル本来の味が料理に反映され恩恵を受けることができるのですね。

我が家はとにかくオルチョで作った料理が大好きです。子供も味をしっかりわかっているのでオルチョを使った料理はすぐ気がつきます オルチョのお陰でお料理がよりおいしくなり我が家に幸せをもたらしてくれています。

毎年新モノが到着するときの味見もワクワクしてます。オルチョ10周年の今年も味見したばかりですがとてもおいしい!

これからもおいしいオルチョを楽しみにしています!

2010年4月18日
林あゆ美

▲このページの上へ





アサクラ このふたりの挨拶はイタリア語に翻訳して、おふたりにもイタリア語で、ジョバンナ、サルバトーレを前にしてしてもらったんだよね。ジョバンナたちもすごくうれしそうだった。あらためておふたりに、イタリア語の練習も含めてありがとうございます!

さかな 裏話ですが、イタリア語で挨拶したものだから、この後「イタリア語できるの?」と何人にも聞かれ(汗)、当日の朝、朝倉さんから猛特訓(怖かった・笑)を受けて、ドキドキしつつなんとかできました。




(前へ 「ジョバンナさんの挨拶」)
(10周年トップページ「プロローグ」へ)

(次へ「もちより料理 入賞者のレシピ」)

▲このページの上に