Topページ > アサクラブログ > ジョバンナ挨拶
□ オルチョ・サンニータ 10周年を迎えて □
10周年プロローグ
ジョバンナ挨拶
ご愛用者挨拶
もちより料理 入賞者のレシピ
もちより料理 東京会場(1)
もちより料理 東京会場(2)
もちより料理 東京会場(3)
もちより料理 東京会場(4)
東京会場 第二部
おみやげ、スナップ写真
名古屋会場/スライド
もちより料理 会津会場
ジョバンナとサルバトーレへの質問
みなさまからのメッセージ
フィナーレ~エピローグ



◇ジョバンナ挨拶

2011年2月、あっという間に10周年の2010年はおわり、新しい11年目を迎えています。
すっかり更新が滞ってしまいましたが、なるべく早回しでまとめていきたいと思います。
おつきあい、どうぞよろしくお願い申し上げます。

アサクラ 会津若松会場でのパーティに持ち寄られたお料理の話をしようかというところで、時がとまってしまったんだよね(笑)。2011年になってしまったけれど、仕切り直しで、なるべく早くまとめましょう!

さかな はい! 前回もこの返事から始まったのですが(苦笑)。では、ジョバンナさんの挨拶のご紹介からいきたいと思います。この挨拶は10周年パーティが終わった直後から、ホームページトップでご紹介していました。あらためて、ここで再掲します。

朝倉さんが、パーティに先立ち挨拶をお願いし、イタリア語から日本語に翻訳している時から涙、涙だったんですよね。そして、会津若松会場から始まった10周年パーティで、ジョバンナさんの肉声でその挨拶文を聞いた時、私も胸が熱くなりました。



2010年4月16日金曜日午前10時より
会津若松会場 出席者40名

皆さん、こんにちは

この度このようにみなさんとお会いできたこと夫サルバトーレト共に本当に嬉しく、光栄に思います。
私たちは家族で営んでいます,祖父その前の前から続く農家でありその間オリーブの木も数百年と受け継がれ、その間たくさんの木も増やし現在に至っております。

オリーブは私たち一家の全ての基本であり力と勇気を得て共に生きてきました。

オリーブは私たちにとってエネルギーと活力の素であり家族そのものでもあります。これから将来、息子たちも含め大切なものであります。

ご存知のようにオリーブは私どもが住む地中海には欠かせぬ重要なもので暮らしに根付き生きる力の源であります。

こうして日本の皆さんにお届けできるのを本当に本当に嬉しく思います。
オリーブオイルはオリーブ果実からなる食用油脂でございます、私たちのオルチョサンニータは今申し上げましたようにこれら全ての恵みでございます。

夫のサルバトーレはオリーブの木と木の間で生まれたようなほどオリーブと生まれたときから親しんできました。わたくしは嫁いだものですがオルチョサンニータの代表をしております。彼とお付き合いをするようになり義父のジュゼッペ義母のジュゼッピーナがまだ元気でありました。私は自分自身の生き方、根っこがその時からできたように思います。
フィアンセとしてはじめて家を訪問したとき義父のジュゼッペは私の手をとり畑の中に連れて行ってくれました。
そしてオリーブの木を見ながら彼がどのように息子と共に畑に尽くしたか、育ててきたか彼らが愛を持ってオリーブの木を尊重しながら、それにどれほどのエネルギーが必要だったかを話してくれました。
そして私は結婚し当初は義父とともに彼のアドバイスの元働いてきました、そして彼が亡くなってからは私たち二人で試行錯誤しながらオルチョサンニータがより良いオイルとなるよう愛と情熱を持って取り組んでいます 。

オリーブを育てる、特においしいオリーブオイルを作る為には本当に作業も厳しく大変です。私たちの健康の為や土のことを考えると化学的なものに頼るわけにはいきません。これは次の世代や将来の為でもあります。その為にもも私たちは一貫して手間はかかりますが労力を惜しむわけには行かないと思っております。

私たちは玲子と出会えたことを本当に運が良いと思いました。

これら今申し上げましたこと、オルチョサンニータがどういうものであるか、私たち家族の歴史、愛、情熱、私たちがどのようにオリーブに向き合ってきたかを理解してくれているからです。
私たちの仕事の成果を理解し、オルチョサンニータがどういうものであるかを理解し皆様の健康とよりよい生活のために役立つものとしてそれらを皆さんの元に運んでくれているからです。
毎日オルチョサンニータのため身を粉にして働いている、本当にありがたいと思っています。
オルチョサンニータの品質についての説明などを皆さんに紹介してくれました。玲子に心よりありがとうと申し上げます。

この10年間どのようにしたらおいしく料理ができるか説明、料理の仕方などをみせるために時間や労力を惜しまず日本全国を回ってくれました。

そして皆様にもお礼を申し上げます。私たちを理解しご愛用いただいている、きっと皆さんの食生活にそして健康促進のお役に立てていることをとても喜ばしく思います。一番初めにオルチョを選んでいただき、そして私たちを信頼していただきこうしてずっとご愛用いただいていることを。

私たちはこの誠実な玲子と共にこれからも最大限の注意を払いできる限りを尽くしましてこれからもみなさんに更に愛されるよう光栄のきわみを以って取り組みたいと思っております。

本当に皆さん、ありがとうございます。

ジョバンナマッツァ

▲このページの上へ



アサクラ うれしい挨拶でした。ジョバンナ、あらためてありがとう!

(前へ 10周年トップページ「プロローグ」)

(次へ「ご愛用者挨拶」)

▲このページの上に